七五三の着物って?男の子と女の子の着物【入門編】 | フォトスタジオタートル コラム|愛知・名古屋・岐阜・三重の写真館

七五三の着物って?男の子と女の子の着物【入門編】

七五三

「七五三=着物っていうのはわかるんだけど、具体的には?どんな着物??」
という方の為の七五三着物【入門編】。七五三のプロのタートルが教えます。
これさえ押さえればあなたも七五三着物マスターです。

3歳女の子→被布【ひふ】

3歳女の子は被布というベストのような着物を着ます。帯を締めないので着ているお子様も楽です。被布は3歳の時にしか着られませんので3歳はやっぱり被布がおススメ。

3歳七五三の由来:「髪置(かみおき)の儀」髪を伸ばし始める儀式。
(昔は3歳までは坊主頭だったそうです)

3歳,5歳男の子→ 羽織袴【はおりはかま】

男の子は3歳も5歳も羽織袴を着ます。上に羽織っているのが「羽織」。下にはいているのが「袴」。合わせて「羽織袴」です。

5歳七五三の由来:「袴着(はかまぎ)の儀」男の衣服である袴を着始める儀式。

7歳女の子→四つ身【よつみ】

7歳の女の子は四つ身を着ます。『四つ身裁ち』という布の裁ち方で作った着物を四つ身と呼びます。そしてここが重要なポイントなのですが、帯を結びます。帯を結ぶというのは「大人の女性の仲間入り」を意味します。昔は7歳でもう大人の女性だったのですね。

7歳七五三の由来:「帯解(おびとき)の儀」帯を結び始める儀式。


  • 七五三
  • 成人振袖レンタル
  • 多治見店限定 お誕生日撮影専用プラン公開中
  • ハーフバースデー
  • バースデー
  • タートルLINE公式アカウント
  • タートル公式アプリ TURTLE BOX
  • 名東店限定 ベビー専用ハッピープラン公開中
  • 求人