生まれて初めて、を記念に!ファーストヘアーカット | タートル コラム|愛知・名古屋・岐阜・三重の写真館

生まれて初めて、を記念に!ファーストヘアーカット

ベビー

こんにちは!フォトスタジオタートルです。

夏は汗をかいたり、水遊びをして髪を洗う機会が増えますね。この時期に散髪を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はおすすめのファーストヘアーカット(=生まれてから初めての散髪)についてご紹介します。

ヘアーカットは自宅派?お店派?

まず、散髪をするのにセルフカットを行うか、美容院などプロにお任せするか、悩むところですね。毛量や髪質はお子さんによって本当にバラバラです。どちらを選択するかは、お子さんの年齢で選択してみてはいかがでしょうか。まだお店でのカットが難しい場合は、コームにカミソリがついていて撫でるだけで毛量を調節できるコームシェーパーや、ホッチキスのような形状のカッタータイプのものを使うと便利です。 お店でカットする場合は、キッズ向けの車のおもちゃに乗ってカットが出来ると安心ですね。クイックカットの店舗にもあるので、安価だと安心して挑戦できますね。来店前にお店の写真や動画を見せて「今度行ってみよう」と声かけをすると、お子さんも心の準備が出来ます。

切った髪の毛はどうする?

昔からよく耳にするのは、散髪した髪の毛で筆をつくる「赤ちゃん筆」のタイプですが、毛量が少ないお子さんや長さが伸びるのを待つのが難しい場合もありますね。最近では色々な「のこし方」があります。

【王道!筆タイプ】

生後1年くらいの髪の毛を使用することが多いようです。専門会社への依頼が必要です。

【お手軽!専用ケースで保管】

木箱やアクリルの盾に挟んで飾るタイプ、乳歯も一緒に入れられるケースなど多様なデザインがあります。

【個性派なハンドメイド】

最近の流行である手形アートやレジンを使ってオリジナルの作品を作るともできます。髪の毛を束ねてリボンで結び、小瓶にレースなど装飾品をいれてレジンで液固めると飾りやすくオシャレです。また髪の毛をペガサスの尻尾に見立ててイラストを書き足したものもSNSでよく見かけますね。

まとめ

一生に一度しかない「ファーストヘアーカット」のイベント!事前に情報収集をしておくと、楽しみながら準備が出来ます。

写真館で撮影する際は、記念のお品と一緒にお持ち込み頂くことをお勧めしています。可愛いお子さんの姿と一緒に、準備した楽しい思い出も一緒に形に残しましょう。