【お宮参り】赤ちゃんの服装は何を用意したらいいの? | タートル コラム|愛知・名古屋・岐阜・三重の写真館

【お宮参り】赤ちゃんの服装は何を用意したらいいの?

お宮参り

赤ちゃんが誕生してはじめてのお祝いである「お宮参り」。家族みんなで健やかな健康をお祝いするために事前の準備は欠かせないですよね。今回は主役の赤ちゃんの祝い着について、何を用意したら良いのかお伝えします。

正式な装い「祝い着(掛け着)」

やはり赤ちゃんに祝い着(掛け着)を用意される方が多いです。新たに購入される方もいますが、パパやママが子供の頃に来ていたお下がりやレンタルされる方も多くいらっしゃいます。

祝い着の下って何を着るの?

ママやおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこしてその上から祝い着を掛けますので、赤ちゃんは洋服を着る必要があります。セレモニードレスを着ても良いですし、きれいめな普段着を着ても良いでしょう。特に決まりはありませんが、白い服装の方がどの着物を羽織っても合うのでオススメです。

手軽さを重視「セレモニードレス (ベビードレス)」

産院を退院する際に赤ちゃんにセレモニードレスを着せる方もいらっしゃいますよね。お宮参り時にそのセレモニードレスを着せるご家庭も増えています。なんといっても脱ぎ着が簡単ですし、赤ちゃんにとっても負担の無い服装というのがメリットです。ベビードレスを着る機会も少ないのでお宮参りで着るのも良いですね。もちろん男の子もベビードレスを着ても大丈夫ですので安心してください。

祝い着やセレモニードレス以外でも大丈夫!

特に服装に決まりはないので、こだわらず普段着を選んでも良いです。ただお祝いの場面ですので、汚れがあったりくたびれている洋服ではなくきれいめなものを選びましょう。お宮参り後にもお正月や親戚の集まりなどで活かせそうなフォーマルなデザインのものや和服のようなデザインのロンパースにしても活躍しそうですね!

まとめ

服装に決まりが無いので赤ちゃんに何を着せようか迷ってしまいますが、季節や気候に合わせて赤ちゃんに負担のないように配慮をすることも大切です。暑い季節の参拝は薄手の服装を着せる、寒い季節の参拝はカバーオールを着せるなどの選択肢も良いと思います。祝い着やセレモニードレスは写真館で記念写真を残すのも良いかもしれませんね。