七五三で神社に行かないのはダメ?写真だけではダメ?

七五三

忙しい子育ての毎日。七五三もなるべく楽にできたらいいですよね。

そこで頭に浮かぶのが、

「七五三で神社に行かないのはダメ?」
「写真だけではダメ?」

という疑問です。

今回はそんな疑問に写真館のタートルが答えていきます。

ダメではありません。大丈夫です。

フォトスタジオタートル 七五三は神社に行かず、写真だけでも問題ありません!

結論から言いますと、ダメではありません。大丈夫です。

近年の七五三は「自分たちの都合に合わせたスタイルで行う」という傾向が強くなっています。ですので、神社に行かないのもダメではないですし、写真だけでもダメではありません。実際に写真撮影だけしか行わないご家庭も増えています。

ご家庭事情や子どもの成長具合など、状況はケースバイケースです。義務感に駆られて無理やり祈祷に出向いても、親子ともに辛い思い出になってしまうことも起こりえます。

しかし、神社は素敵です。

フォトスタジオタートル 七五三祝いに神社に参拝は行くべき?

しかし、日本の伝統行事の素晴らしさを知っているタートルとしては、ここで終わるわけにはいきません。七五三シーズンの神社の素敵さをやはりみなさんに伝えたいのです。

大きな御神木。そこから漏れる秋の光。玉砂利を踏む音。手を繋いで登る石段。子どもたちはきっと、それらをずっと大人になっても覚えていることでしょう。

神社での祈祷についての過去記事はこちら↓

祈祷を受けずに参拝のみでも大丈夫!

そこで、みなさんにお伝えしたいことがあります。

祈祷を受けずに参拝のみでも大丈夫なんです。

祈祷を受けないからといって、この時期に神社を訪れてはいけないなんてことはありません。お賽銭をして参拝するだけだったらどうでしょうか?そんなに億劫に感じないのではないでしょうか?

実際に神社でこのシーズンに様子を見ていると、参拝のみのご家族も多くいらっしゃいます。「神社には行きたいけど、面倒くさいのは嫌だな…」という方は、「参拝のみ神社」をおすすめします。

まとめ

神社に行くか行かないか、祈祷を受けるか受けないか、ご家庭によりいろいろな七五三の過ごし方があります。お子さんの成長の節目だからこそ、親としてはみんながどのように過ごしているのかが気になるもの。自分の家とは違ったやり方を聞いて不安に思ったり、その違いに驚くこともあるでしょう。でも大丈夫。

周りのご家庭と我が家の方針が違っていても、そこにお子さんを祝う気持ちがあれば問題ありません。

せっかくの晴れの日です。それぞれのご家庭にとって、一番いい方法を見つけて素敵な七五三を過ごしてください!

タートルの七五三

フォトスタジオタートルでは現在、七五三撮影を受け付けております! タートルオリジナルの衣装と、デザイナー手作りのスタジオで撮影してみませんか?