【七五三】神社で何撮る?オススメ写真映えスポット | タートル コラム|愛知・名古屋・岐阜・三重の写真館

【七五三】神社で何撮る?オススメ写真映えスポット

七五三

いよいよ、七五三お参り当日!準備万端で神社に到着。でも、いざとなるとどんな時にシャッターを押したらいいのか、迷うこともありますよね。

そんなあなたに、お子様との参拝の思い出を楽しみつつ、ここぞというシャッターチャンスを逃さないために、参拝時のオススメのシャッターチャンス写真映えスポットを、写真館のタートルがご紹介します。

出発前や車内での1コマ

意外と忘れがちなのがお支度が終わってすぐの出発前の姿。着付けもヘアも1番綺麗な状態なので、ぜひ、お車に乗る前に1枚おさえておきましょう。また、行きの車でワクワクはしゃいでる姿や着物と車というミスマッチさもあえて残しておきたい思い出のひとつです。

鳥居

神社の入口まで到着したら、まず一礼して鳥居をくぐります。鳥居はかなり大きいのでお子様のぺこりとする後ろ姿と鳥居も入る後方の位置から狙ってみましょう。ちなみに境内を歩く時は真ん中は神様の通り道とされているので端っこを歩くのがマナーです。

手水舎

手水舎とは、水で手や口を洗い清める施設です。水と触れることでお子様の自然な笑顔が出やすいチャンスなのでぜひ可能であれば後ろからではなく、お子様の表情がおさえられる所からシャッターチャンスを狙いましょう。着物が濡れてしまわないようにタオルの準備も忘れずに。

後ろ姿や繋いだ手、足元も

男の子の羽織りや女の子の帯は後ろ姿も華やかですが、スタジオの前撮りだとお子様の表情が写るように前からのカットが多いですよね。お参りの際はぜひ華やかな後ろ姿も写真におさえてみてください。親御さんと手を繋いで歩く姿だったり、その繋いだ手元をメインに撮ってあげても雰囲気のある素敵なカットが撮れます。またお外での撮影であれば、足元の落ち葉と一緒に草履なども写して足元をメインに撮ってあげるのも素敵です。

賽銭箱

お賽銭を入れて、カランカランとお祈りする姿もぜひおさえたいワンシーン。後ろ姿も可愛いですが、一生懸命お祈りする横顔を狙ってみるのもお子様らしい表情が残せておすすめです。

御祈祷中

ちょこんと座って御祈祷を受けている子や少し飽きてしまってぐでんとしている子、御祈祷中の姿はその子らしさが出て個性たっぷり。御祈祷の妨げにならない範囲でそっとそのお子様の愛くるしい姿もシャッターにおさめてみてくださいね。

千歳飴と一緒に

御祈祷が終わると千歳飴をくださる神社も多いです。七五三らしさが伝わるアイテムなのでぜひ千歳飴を持って神社のメインスポットを背景にお子様の全身の写真や家族写真を撮りましょう。周りに他の参拝客がいなくても、神社の方に声をかけると心よくシャッターを押してくださることが多いです。神社は公園などと違い遊べるところが少ないので紙風船風車などお子様が遊べる和のアイテムを持っていくと、自然な笑顔を引き出すこともできるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?意識してないと意外と素通りしてしまうスポットもあったのではないでしょうか。神社によっては入っては行けない場所もあったりしますので、ルールを守りながら可愛いお子様の姿をぜひご家庭のカメラでもおさめてみてくださいね。

タートルの七五三

フォトスタジオタートルでは現在、七五三撮影を受け付けております! タートルオリジナルの衣装と、デザイナー手作りのスタジオで撮影してみませんか?